FX取引とレバレッジ

現在の日本において、多くの人が少ない資金から始められる投資取引といえば、やはりFXになると思います。
通貨を銘柄にしたこの投資は、24時間会場をしている外国為替市場の為替相場を利用して利益を求めていくために、いつでも取引きが行えることから、日中に忙しいサラリーマンや学生、まとまった時間が取れない主婦層などが、副業としてこのFXでの取引きを始めるケースも大変に増えています。

また、FXは株取引や先物取引などと同じように、相場を扱う投資になりますが、経済不況にも強い投資として知られています。
FXでは、為替相場のレート変動を利用して、その為替差損益を求めていくことになるのですが、株取引などが主に株価が上昇方向に変動する際にしか利益が得られない、つまり、安く買って高く売る、という方向でしか利益が上げられないのに対し、FXでは異なる2種類の通貨をお互いに売買するために、高く売ったものを安く買い戻すという方法でも利益を出すことができるのです。
こうしたことから、為替相場が上昇方向に動いていても、下降方向に動いていても、どちらでも利益を出すことができ、不況に強い投資として知られているのです。

こうしたことからも、多くの投資家から支持を集めているFX取引なのですが、その相場の変動は極めて小さく、日本の通貨である円と、アメリカの通貨である米ドルとの平均的な一日の値動きを見ても、1円に届くか届かないかの値幅しか変動することがありません。
例えば、1ドル100円の為替相場があり、100万円を投資して1万ドルを買ったとしても、一日の利益がわずか1万円弱ということも珍しくないのです。

これでは投資として充分な利益を得ることができないために、FXではその最大の特徴の一つである「レバレッジ」という仕組みが用意されています。
レバレッジは、扉の取っ手であるレバーのこと、つまり梃子の原理の梃子ことを指しており、小さな力で大きな作用を及ぼすことを踏まえて言われており、少ない投資金で大きな利益を生み出すことのできる仕組みになっています。

レバレッジは、FXの取引業者に預けている証拠金をもとにして投資資金を借り、実際に投資家が投資をする際に、その投資した金額よりも遥かに大きな数量の通貨を取り扱えるようにするものになっています。

このレバレッジには大きさの設定があり、取引業者によって様々な違いがあるのですが、日本国内のFX業者であれば最大で25倍、海外の取引業者では数百倍の大きさのレバレッジを利用することができます。

具体的には、先の100万円の取引をレバレッジを利用して行ったとした場合、国内最大の25倍のレバレッジを使ったのであれば、1万ドルを買うために必要な円は4万円で済むことになります。
4万円の投資を行い、おおよそ1万円ほどの利益を得ることができるのであれば、投資の利益としても充分なものを見込む事ができるのです。

レバレッジのこうした仕組みを利用することにより、FXでは少ない資金でも投資を行うことができるのですが、このレバレッジは投資した金額より大きな数量の通貨を扱えるようにする仕組みであるために、利益方向に為替レートが動いた場合でも、損失方向に為替レートが動いた場合でも、どちらにもその効果を及ぼしてしまうために、その取扱には注意が必要になります。

例えば、先の25倍のレバレッジを利用した取引を行っている際に、1ドル100円の為替レートが急変し、1ドル98円にまで動いてしまえば、2万円の損失が出てしまうことになります。
為替相場は、世界中の経済事情によって大きな変動を見せることもあり、円と米ドルの相場においても過去にはリーマンショックの際に約7円ほどの急激な変動を起こしました。
こうした場合に大きなレバレッジを利用していれば、その損失も大きくなり未曾有の損失を抱えてしまうことになります。

このような事態を避けるためにも、レバレッジは適切に利用することが肝心で、また、FX取引業者によっては、こうしたケースでの損失を投資家が預けている証拠金以上の追加請求を行わない仕組みを取り入れているところもありますので、取引業者の選択をしっかりと行うことも大切になってきます。

為替相場の一時的な変動によるリスクを避ける投資方法には、「ナンピン」という取引方法が存在します。
ナンピンとは難平と漢字で書かれ、その名の通りに難を平らにして行こうという方法になります。

具体的には、通貨を買って保持した状態において、その通貨に含み損が発生した場合、その保持している通貨量と同じ量の通貨を買い増しを行います。
これによって、為替レートの上昇が半分戻れば損失がなくなり、元の値にまで戻れば利益が出るようになるのです。

一見すると効果的な方法にも思えるのですが、実際には損失を含んだ通貨を買い増ししているために、為替レートの変動がそのまま損失方向に進んだ場合には、大きな危険が伴います。
ましてや、レバレッジの倍率を高く設定して取引きを行っている場合には、なおさらに危険が伴いますので、FXでレバレッジを使った取引を行う際には、充分に注意することをおすすめします。