「坂田五法」を知ろう

みなさん「酒田五法」という言葉を聞いたことがありますか?

これは、知る人ぞ知るテクニカル分析の手法なのですが…
なんと、これが編み出されたのは“江戸時代”なんです!

この「酒田五法」を考案したのは、現在の山形県出身の米相場師「本間宗久」。
米相場の分析のために考案されたローソク足を用いるこの手法は、時代を超えて今なお多くの投資家によって様々な投資の場面で用いられているのです。

今回ここでは、数百年もの時を超えて…なお色あせない驚きの手法「酒田五法」についてご紹介していきたいと思います。


【5つの法則をチェックしよう】

「酒田五法」という名から分かるように、この分析方法は“5つ”の基本法則から成り立っているもの。さっそく、その5つをざっと見ていくことにしましょう。


「三山」

これは、「上昇相場において、天井と思われる山が3回現れたら(上昇→下落→上昇→下落→上昇→下落となった場合)その上昇局面は限界に達しており、以降は下落に転じやすい」という法則。
また、下げ相場で下落→上昇が3回繰り返し起きたら底のサインであり“相場が底を打った/この先は上昇に転じる”とみることができます。
*似たものに、3回の山ができ、中央の山が一際大きくなる「三尊(ヘッドアンドショルダー)」がありますが、この場合も三山同様に3つ目の山が終わった後には相場が下落に転じる傾向があります。


「三川」

これは3本の線に注目する分析法。「長めの陽線が出たあとの右上、または長めの陰線がでたあとの右下に、飛び出すように短い陽線または陰線が現れ、その次に初めの線と反対の線(初めが陽線なら陰線、初めが陰線なら陽線)が現れたら相場の天井や底である」というように3本のローソク足の並び方で相場を見極める手法です。なお、3本の組合わせには様々なバリエーションが存在します。


「三空」

三空とは、ローソク足チャートに3つのマド(相場価格が急な動きをみせることでローソクチャートに生まれるスキマ)が出現した状態のこと。珍しいマドが3回も続けて現れた後には相場が転換しやすいという法則です。
なお。より細かく言うと、3回マドをつくって相場が下落した状態「三空叩き込み」は相場上昇のサイン、3回マドをつくって相場が上昇した状態「三空踏み上げ」は、相場が下落に転じるサインとされています。


「三兵」

三兵とは、(上昇または下落に向かう)同じ向きの3本の陰線または陽線が出現した状態のこと。上昇に向かうものは相場上昇のサイン「赤三兵」、下落に向かうものは相場下落のサイン「黒三兵」とよばれ(トレンド形成の初期段階と判断され)ています。


「三法」

これは、相場の“停滞期”の出現に注目するもの。「売り」「買い」そして「停滞」の3つで三法というのが、今なされている基本の解釈です。
具体的には、「大陽線で大きく相場が上げた後、しばらく(小さな上昇と下落を繰返し)相場の方向感が見えない状態が続き、そののち先回を超える大陽線が現れたら、それは大きな上昇トレンドのサインである」…という法則(上げ三法)。
反対に「下げ相場で、大陰線の出現後もみあい相場が続き、そのあと前回を上回る大きな下げが見られたら、さらにそこから相場が下げるリスクがあるため売った方が良い」とされています(下げ三法)。


以上「酒田五法」をザックリとご紹介しましたが、いかがでしょう?
江戸生まれの法則ですが、どれもこれも今現在の為替や株相場を見るにあたり応用できるものばかりだと思いませんか!? 江戸の知恵が、今の相場にも全くそのままの状態で通用するというのは面白いですね。

ぜひ、これから投資をする際には、今回ご紹介した江戸の相場分析の知恵もぜひ活用してみてください。